2009年9月23日水曜日

openGion を コンパイルする2

先の FindBugs の実行で、ソースコードのメソッド名や、行番号がきちんと表示されなかったので、デバッグ時に使いにくかったと思います。

これは、openGion のコンパイル時に、debug 情報が設定されていないためです。

すでに、ant によるコンパイルが出来ることは確認されていると思いますので、ここでは、デバッグ情報を付加してみましょう。

【修正】
C:\openGion\uap\webapps\gf\build.xml を修正します。

javac タスクを見つけて、debug 属性と debuglevel 属性を設定します。

debug="true" debuglevel="lines,source" ・・・

debuglevel は、lines,vars,source と3種類を指定できますが、ここでは、lines と source のみ指定することにします。

【コンパイル】
_build.bat を実行します。
プロンプトが出ますので、「compile」と打って、コンパイルします。
その後、もう一度、_build.bat を実行して、今度は、「jar」と打って、JARファイルを作成します。

【実行】
再度、FindBugs を実行してみてください。
今度は、バグ候補のメソッド名や行番号が出ていると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿