2009年9月12日土曜日

openGion インストール

openGion とは、企業内基幹系Webシステムを構築するための、便利な、そして、オープンソースのフレームワークです。
構成は、Java,TomcatによるJSPなので、拡張性に優れ、大規模なシステムでも構築可能です。

このフレームワークで何ができるか、これから見ていきたいと思います。

まずは、定番のインストールを行いましょう。

【ダウンロード】
sourceforge の opengion プロジェクトから、ダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/opengion/releases/

openGion_apps_win32_5.0_160.16_6.0.20.zip というのが、現時点でのJava,Tomcat環境
openGion_uap_5.0.0.1.zip というのが、ソース部分になります。
インストール方法自体は、uapパッケージのREADME に書かれていますので、熟読ください。

【インストール】
解凍したファイル(opengion\apps と、opengion\uap フォルダ) を、c:\ にコピーします。
これだけ? そうです。zip を解凍するだけで、終了です。

【実行】
まず、サンプルを実行するだけなら、hsqldb が組み込まれていますので、C:\openGion\uap\bin の startupHsqldb.bat をダブルクリックします。

その後、http://localhost:8824/gf/jsp/index.jsp にアクセスすると、BASIC認証画面になりますので、ユーザー : C00000 パスワード : C00000 を指定します。
画面が表示されればインストールは成功です。

0 件のコメント:

コメントを投稿